ラインナップ

SPR法

標的未知の低分子化合物をセンサーチップ上に固定し、標的候補のヒトプロテオームのフラクションをかけて、表面プラズモン共鳴(SPR)を検出原理として標的のスクリーニングを行います。

PAA法

ヒトプロテオームが搭載されている磁気ビーズアレイに標的未知の低分子化合物をかけて、磁気ビーズごと各ウェルのヒトタンパク質を回収し、質量分析法で化合物が含まれるウェルを同定します。

お問い合わせ