ラインナップ

SPR法

標的未知の低分子化合物をセンサーチップ上に固定し、標的候補のヒトプロテオームのフラクションをかけて、表面プラズモン共鳴(SPR)を検出原理として標的のスクリーニングを行います。

その他の手法(準備中)

タンパク質&低分子化合物の反応解析手法について、複数の研究開発を進めておりますのでお問い合わせください。

お問い合わせ